配偶者貸付制度 専業主婦 融資受けられる

配偶者貸付制度なら専業主婦も融資を受けられる!

総量規制があることにより、専業主婦は銀行カードローンからは融資を受けることができますが、クレジットカード会社や消費者金融からは借り入れができない法律になっています。銀行カードローンは母体が銀行ですから安心して借り入れをすることができるのですが、専業主婦は消費者金融から全く融資を受ける方法がないというわけではありません。配偶者貸付制度という、総量規制の例外の申し込み条件にあてはまる場合は、専業主婦であっても借り入れが可能になります。

 

配偶者貸付制度を適用できるのは、夫と妻の二人のうち一方のみが収入を得ている場合です。妻が専業主婦で年収が全くないとしても、夫が働いていてどこからも借り入れをしていないなら、年収の3分の1の金額を上限として妻の名義で融資を受けることができます。

 

とはいっても、専業主婦でも銀行カードローンから借り入れができますので、わざわざ配偶者貸付制度を利用する必要はないといえるでしょう。借り入れをしたら、返済をするときに金利を上乗せして支払いをします。配偶者貸付制度の消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利で借りられますので、あえて高い金利で融資を受けるメリットは見当たりません。

 

それでも配偶者貸付制度を利用したい場合は、提出書類を準備して申請をしてください。夫の婚姻関係があることを証明するため住民票など公的機関が発行する書類と、配偶者である旦那さんの合意書を提出します。

 

消費者金融によって規模に違いがありますが、規模によって対応が異なります。中小規模の消費者金融は配偶者貸付制度の申し込みを受け付けてくれますが、大手は最初から断られることが多いようです。配偶者貸付制度の手続きは、確認しなければならない書類に多大な時間や労力がかかるからです。

 

配偶者貸付制度の利用をやめて、銀行カードローンを利用するところを探す場合、誤って銀行系カードローンに申し込んでしまわないよう気を付けてください。名称では銀行とカードローンの間に「系」の1文字が入るか入らないかだけなの違いなですが、銀行系カードローンは銀行グループの大手消費者金融です。具体的には、三菱東京UFJ銀行の傘下にある大手消費者金融はアコム、三井住友銀行はプロミスなどが代表的です。

配偶者貸付制度なら専業主婦も融資を受けられる!関連ページ

家族の誰にも知られることなく専業主婦でも借りれる?
銀行カードローンなら、専業主婦でも借りれることがわかりました。金融機関から融資を受ける場合は人それぞれ事情がありますので、ご家族の誰にも知られることなく借り入れをしたいというケースもあるでしょう。銀行カードローンから借り入れを行うことになったら、そのことを家族に知られないでいられるものなのでしょうか。
申し込み時に銀行カードローン側は何を確認するの?
専業主婦が銀行カードローンの申し込みを行ったら、どんなポイントを相手側は確認するものなのでしょうか。金融業者には、借り入れの申し込みを受けたときに閲覧することができる個人信用情報というものがあります。これは信用情報機関が管理を行っており、申込書類の内容が一致するか照会がなされます。融資にまつわる情報からご本人の氏名、生年月日、運転免許証番号などを確認します。
専業主婦も銀行カードローンで即日借入が可能?
銀行カードローンに申し込みをする場合それぞれの事情がありますので、即日借入を希望されることもあるでしょう。専業主婦であるかどうかに関わらず、誰が申し込みしてもどこの銀行カードローンを選ぶかによって異なります。あらかじめ即日借入を行っているところを選べば、専業主婦の方が即日借入を受けることは可能です。