家族の誰にも知られることなく 専業主婦でも借りれる

家族の誰にも知られることなく専業主婦でも借りれる?

銀行カードローンなら、専業主婦でも借りれることがわかりました。金融機関から融資を受ける場合は人それぞれ事情がありますので、ご家族の誰にも知られることなく借り入れをしたいというケースもあるでしょう。銀行カードローンから借り入れを行うことになったら、そのことを家族に知られないでいられるものなのでしょうか。

 

銀行カードローンの借り入れの手続きをスタートさせたら、例えばご主人の勤務先にローン会社から電話がかかってくることはありません。ご主人の収入証明や同意書が欲しいと迫られることもないので、安心して申し込むことができます。

 

その理由としてまずあげられるのは、銀行カードローンというのは連帯保証人や担保がなくても利用できる融資だからです。申込者がご本人様であるということは大変重要なことなので、ご本人確認はなされるのですが、カードローン会社としては配偶者であるご主人はこの契約に無関係なので連絡をされることはありません。専業主婦が銀行カードローンを利用することに夫が同意していようがいまいが、確認されることはありません。申し込み時だけでなく、融資を受けている最中も借り入れをした資金を全て支払い終えるまでも、ずっと家族に知られずに利用できます。

 

申込者がご本人様であることが重要ということは、本人確認の連絡があることになります。しかし、このときも銀行カードローンとやり取りを行っていることが周囲に知られないよう配慮してくれていますので、心配は無用です。

 

あなたが本人確認の連絡先にご実家の固定電話を指定したとしても、連絡を入れる担当者は自分の指名を名乗り、カードローン会社の名前は名乗りませんので、家族が電話を取ってしまっても知られずにすみます。そのような心配をしなくてもすむよう、あなた個人が所有するスマホや携帯電話を連絡に指定すれば不安がなくなります。郵便物が届くことになっても発送先は銀行名が書かれ、カードローン会社の名前ではありません。

 

ただし、もし返済が期日より遅れてしまったり滞納などをしていると、はがきで督促が送られてくる可能性はあります。遅延しないのが一番ですが、遅れそうになったら銀行カードローンの会社に連絡をするようにしましょう。

家族の誰にも知られることなく専業主婦でも借りれる?関連ページ

配偶者貸付制度なら専業主婦も融資を受けられる!
総量規制があることにより、専業主婦は銀行カードローンからは融資を受けることができますが、クレジットカード会社や消費者金融からは借り入れができない法律になっています。銀行カードローンは母体が銀行ですから安心して借り入れをすることができるのですが、専業主婦は消費者金融から全く融資を受ける方法がないというわけではありません。配偶者貸付制度という、総量規制の例外の申し込み条件にあてはまる場合は、専業主婦であっても借り入れが可能になります。
申し込み時に銀行カードローン側は何を確認するの?
専業主婦が銀行カードローンの申し込みを行ったら、どんなポイントを相手側は確認するものなのでしょうか。金融業者には、借り入れの申し込みを受けたときに閲覧することができる個人信用情報というものがあります。これは信用情報機関が管理を行っており、申込書類の内容が一致するか照会がなされます。融資にまつわる情報からご本人の氏名、生年月日、運転免許証番号などを確認します。
専業主婦も銀行カードローンで即日借入が可能?
銀行カードローンに申し込みをする場合それぞれの事情がありますので、即日借入を希望されることもあるでしょう。専業主婦であるかどうかに関わらず、誰が申し込みしてもどこの銀行カードローンを選ぶかによって異なります。あらかじめ即日借入を行っているところを選べば、専業主婦の方が即日借入を受けることは可能です。