申し込み時 銀行カードローン 何を確認するの

 申し込み時に銀行カードローン側は何を確認するの?

専業主婦が銀行カードローンの申し込みを行ったら、どんなポイントを相手側は確認するものなのでしょうか。金融業者には、借り入れの申し込みを受けたときに閲覧することができる個人信用情報というものがあります。これは信用情報機関が管理を行っており、申込書類の内容が一致するか照会がなされます。融資にまつわる情報からご本人の氏名、生年月日、運転免許証番号などを確認します。

 

この個人信用情報と申し込んだ内容に食い違いがあれば審査に落ちて、本来であれば希望額の融資を受けられたはずのところを、審査に通らず断られてしまうことも考えられますので、間違えがないように申請しましょう。例えば、他の誰かの名義で申し込みをしたり、他社からも借り入れをしている場合に件数や借入合計額を少なく伝えるなどということは、絶対にあってはなりません。個人信用情報に載っていますので、簡単にバレてしまうことです。

 

カードローンが連帯保証人や担保を用意しなくても借り入れできるのは、本人の信用に対して融資をされるからです。誤った内容の申請をしてしまえば、信用できないと判断されてしまうだけですから、間違えを伝えてしまわないように気を付けてください。

 

カードローン会社側としては、融資をした以上はしっかり全額返済されないと損をするだけになってしまいます。そのような事態にならないよう、完済できる能力がある人か判断されます。専業主婦でまだ一度も金融機関からお金を借りたことがないという場合でも、携帯電話料金を滞納していたことがないかなど確認されるとのことです。

 

申し込みの必要事項には、氏名や住所などの他に借入希望額の欄があります。その金が高くなるほど、審査は厳しさを増していきます。自動車ローンや住宅ローンなどは融資されたお金を他の使途に用いることが禁じられていますが、カードローンはどんな使い方をしてもその内容を問われることはありません。

 

審査では、スコアリングという方法でポイントを加算して行われます。例えば、勤務先の欄では、中小企業よりも大手企業に勤めている方が高ポイントが入ります。賃貸の住まいで暮らしているより、持ち家の方が高い点数がつくといった具合です。

 

これらのことが確認された上で、審査の結果が知らされます。

申し込み時に銀行カードローン側は何を確認するの?関連ページ

配偶者貸付制度なら専業主婦も融資を受けられる!
総量規制があることにより、専業主婦は銀行カードローンからは融資を受けることができますが、クレジットカード会社や消費者金融からは借り入れができない法律になっています。銀行カードローンは母体が銀行ですから安心して借り入れをすることができるのですが、専業主婦は消費者金融から全く融資を受ける方法がないというわけではありません。配偶者貸付制度という、総量規制の例外の申し込み条件にあてはまる場合は、専業主婦であっても借り入れが可能になります。
家族の誰にも知られることなく専業主婦でも借りれる?
銀行カードローンなら、専業主婦でも借りれることがわかりました。金融機関から融資を受ける場合は人それぞれ事情がありますので、ご家族の誰にも知られることなく借り入れをしたいというケースもあるでしょう。銀行カードローンから借り入れを行うことになったら、そのことを家族に知られないでいられるものなのでしょうか。
専業主婦も銀行カードローンで即日借入が可能?
銀行カードローンに申し込みをする場合それぞれの事情がありますので、即日借入を希望されることもあるでしょう。専業主婦であるかどうかに関わらず、誰が申し込みしてもどこの銀行カードローンを選ぶかによって異なります。あらかじめ即日借入を行っているところを選べば、専業主婦の方が即日借入を受けることは可能です。