パートローン 審査

パートローン審査は他の審査と同じ

申し込み情報の職業がパートでもキャッシング、パートローンは審査が通れば融資可能です。
ここで問題になるのが年収、勤続年数、信用情報です。

 

金融機関の見解

年収
銀行も消費者金融、クレジット会社もパートやアルバイトの利用はOKです。
この時年収は、最低でも100万円程度はほしいところです。
消費者金融では、総量規制で3分の一が限度額、銀行とクレジット会社は、4割程度が限度額になります。
また、総量規制の範囲内には、銀行の借入以外が合算されることから、消費者金融とパートローンはその範囲が同じです。

 

勤続年数

キャッシング審査などでは、最低でも1年以上が原則です。
長いほど審査には有利です。
保険証は社会保険証の方が良いのは当然ですが、なくても大丈夫です。
勤務先への電話で在籍確認は行われます。
株式会社である必要はないのですが、パートローンで多額の借入をしたいときには、安定した会社、上場会社などの方が金融機関としては、審査通過の確率が高いです。

 

ブラックパートローンはあり?

年収と勤続年数が長いパートは、新入社員よりも信用は大きいです。
正社員でも、パートで勤続年数が長い方が良いです。
ただし、信用情報機関に金融事故があるブラックは、審査通過は一段と厳しくなります。
年収や限度額にもよりますが、他社借り入れが多い多重債務、債務整理後年数が浅いブラックのパートローンはできないです。
ですから、安い中古車のローン、マイホームの住宅ローンなどは、ブラックですとNG。
キャッシングももちろん審査は通らないでしょう。
これは属性関係なく、その金融機関の審査基準に合わない金融事故であれば、ダメということです。

 

パートローンで住宅ローン?

収入証明書、返済能力があればマイホームもパートローンでOKです。
主婦ですと、配偶者と合算のローンも可能ですが、母子家庭でも独身者もパートでもローンは組めます。
ただ、上限はあり、100万円年収のパートローンで1000万円超の住宅ローンなどはできないです。
信用情報で金融事故もなく、雇用がパートでも安定した年収があれば、審査対象になります。
この時に銀行などの民間ではきついですが、公的機関での融資ですと、審査内容もゆるくなります。
できるだけ融資額を下げる、頭金を多くするなどの工夫をすると審査は通りやすくなります。
ただし、ブラックは過去の情報なども不利になります。
キャッシングとは違い住宅ローンほどの高額になると、借入条件は厳しくなります。
ここは要注意です。

 

パートという属性

雇用契約のキャッシングなどは、消費者金融などでも属性でOKとしています。
パートというと、正社員よりも収入が少ないけれど、毎月給料とか安定した金額であれば問題ないのです。
主婦などは、夫の扶養に入るため収入を抑えている場合もありますが、キャッシングなどは自分の名義で作ることができます。
消費者金融では本人の収入があれば良いのですが、専業主婦に関しては自分専用カードローンなどは作ることができません。

 

パートローン審査は他の審査と同じ関連ページ

パートローンで車も家も買えるって本当?
パートでもローンが組める。意外な感じもしますが、銀行カードローン審査でも通るのですから、当たり前と言えば当たり前でしょう。・決め手は収入と勤続年数.消費者金融でもパートやアルバイトでも審査に通ります。
パートローンで車を買う
パートローンで車の購入は可能なのか?回答は収入によっては、パートやアルバイトでも金融機関によっては、申し込みが可能です。審査に通るかは内容によります。それはローン審査の存在です。
パートローンで家を買う
パートローンで家の購入は難しいでしょう。これは現実では難しいですが、できない話ではないのです。 第一母子家庭などが、パートの母が家を購入、なんていう話もゼロではありません。・年収100万円ではできない話?年収100万円のパートで3000万円の家のローンはできないです。