パート ローン 審査

パート ローン審査

 

 

パートローン、キャッシングだってできる時代

最近の消費者金融や金融機関では、パートやアルバイトも申込条件になっています。

 

雇用形態が違うだけ?

そうなのです、審査対象となる以上、キャッシングに関しては何ら問題はないのです。
属性が低いと言い方をしますが、キャッシングの際に問題になる年収が、所得証明書や源泉徴収票があれば信頼はありますし、消費者金融の場合、借入額が年収3分の一と決まっています。
ですから、パートだから低いのではなく、年収がこの程度だから、利用限度額が◯円となります。
最近では、車や住宅ローンもパートローンができる時代です。
数十万円程度のキャッシングは問題ないのは当然のことです。

 

審査内容も同じ

属性によって審査内容が変わることはありません。
在籍確認はもちろんありますから、勤務先に電話がかかってきます。
また、勤続年数は長いほど良く、18歳の正社員よりも15年の勤続年数のパート主婦の方が融資審査の可能性は高いのです。
そして、属性で言うと個人事業主よりもパートは上です。
雇用契約で不安定とは言われるパートですが、個人事業主よりは安定しています。
個人事業主は、自分が傾けば即収入に反映されますが、パートは会社倒産がない限り地位は安定しています。
個人の経営者よりもパートローンの方が信頼が厚いというのですから、パートローンも捨てたもんじゃないです。

 

問題なのは返済能力

返済能力の有無は一定した収入がポイントです。
専業主婦は、消費者金融などの借入で一部配偶者貸付けで契約ができます。
これは、いわば配偶者が連帯保証人というか、配偶者の年収で、キャッシングをするものです。
しかし、パートは自身の総量規制範囲内が利用限度額です。
安定した収入と金融業者が認めなければ借りられないことです。
返済ができる範囲を貸すのですから、雇用云々ではなく、利用範囲は必然的に決まってしまいます。
それでも不安定な個人事業主より審査通過率は高いです。

 

パートは主婦限定ではない

契約形態がパートと言うのは主婦だけではありません。
母子家庭、成人男性、年金受給者などもいますが、いずれもパートで収入という独立した存在です。
キャッシングは自分の収入ですし、信用情報も自分のものです。
以前は、パートローンなどはなかったようですが、働き方の多様化でパートも社会的地位が上がっているといえるでしょう。
そして、正社員よりも給料が良いパートも存在していることもあります。
それでも社会保険証がなく、という現実もあります。
属性ではパートの消費者金融のキャッシング。
総量規制で限度額は決まりますが、審査対象になり自由の借入ができます。
信用情報機関で問題がなければ、の話ですが。

パート ローン審査記事一覧

パートローンで車も家も買えるって本当?

パートでもローンが組める。意外な感じもしますが、銀行カードローン審査でも通るのですから、当たり前と言えば当たり前でしょう。決め手は収入と勤続年数消費者金融でもパートやアルバイトでも審査に通ります。信用情報に金融事故がないとして、ポイントになるのは、・在籍確認が確実にとれる・勤続年数が長い・安定した収...

≫続きを読む

 

パートローンで車を買う

パートローンで車の購入は可能なのか?回答は収入によっては、パートやアルバイトでも金融機関によっては、申し込みが可能です。審査に通るかは内容によります。それはローン審査の存在です。ローン審査とは?ローン審査では、1年間の支払うローンの返済額が年収の40%と言う基準があります。ということは、年収150万...

≫続きを読む

 

パートローンで家を買う

パートローンで家の購入は難しいでしょう。これは現実では難しいですが、できない話ではないのです。第一母子家庭などが、パートの母が家を購入、なんていう話もゼロではありません。年収100万円ではできない話?年収100万円のパートで3000万円の家のローンはできないです。ローン審査は、返済額が年収の40%と...

≫続きを読む

 

パートローン審査は他の審査と同じ

申し込み情報の職業がパートでもキャッシング、パートローンは審査が通れば融資可能です。ここで問題になるのが年収、勤続年数、信用情報です。金融機関の見解年収銀行も消費者金融、クレジット会社もパートやアルバイトの利用はOKです。この時年収は、最低でも100万円程度はほしいところです。消費者金融では、総量規...

≫続きを読む