アルバイト 短期間 やっぱり不利

アルバイトは短期間だとやっぱり不利

アルバイトの方でもカードローンは利用できますが、ちょっと審査が難しいとされるのが、短期間しかアルバイトをしていない方です。
原則的に2年以上が条件となっているところが多く、アルバイトでも審査対象になり、借入もできますが、数ヶ月程度のアルバイトでは、対応していないところもあります。

 

現在、インターネットでの申し込みが主流となっていて、最初に簡単な診断を行います。
その時点でOKなら、詳しい情報を入れるのですが、その時にアルバイトでも在籍年数を入れます。
短期間だとダメだからと虚偽の情報を入れたとします。
その後、それがバレてしまった時は、絶対に借入はできません。
このような事は絶対にせずに、正直に在籍年数を入れて、利用限度額を最小限にするのです。

 

そうすることで、審査が通れば、カードローンの利用ができます。
消費者金融アイフルが比較的、この点の審査が甘いと言われています。
その他の消費者金融では、数年の在籍が必要なようですから、カードローン利用は困難かもしれません。

 

ただ大手銀行でも専業主婦向けのカードローンがあります。
この場合、当然収入はゼロになりますが、配偶者の年収を書く必要があります。
じゃ、配偶者の職場に在籍確認はするか?というと、これはありません。
ということで、もしアルバイトをしている主婦なら、専業主婦専用のカードローンの申し込みが妥当です。
借入限度額は低くなってしまうので、必要な金額になるかどうかは不安ですが、とりあえず専業主婦のカードローンを作って、アルバイトもある程度期間が経ってから、再び作るのも一つの手です。

 

この時に、他社からの借入がなければ、カードローン審査は通ります。

アルバイトは短期間だとやっぱり不利関連ページ

アルバイト=収入ありで審査は通る
カードローンなどのキャッシングで問題になる審査は、定期収入の有無です。ですから、アルバイト、パートの場合、定期的な収入があるとわかれば、審査は通ります。学生でも20歳以上ならOKです。
アルバイトの借入限度額は?
アルバイトの方がカードローンを申し込みをする問題点としては、・借入限度額はいくら?・在籍確認はあるの?ということです。
虚偽情報は絶対にNG
アルバイトは、一定収入があることで、カードローンなども審査に通ることが多いです。勤務期間が短いとしても、在籍確認が取られたのなら、大抵OKです。利用限度額などは、年収に応じてですが、実際の借入に行くまでに、一応自己申告で、現在の借入状況を入力します。