虚偽情報 絶対にNG

虚偽情報は絶対にNG

アルバイトは、一定収入があることで、カードローンなども審査に通ることが多いです。
勤務期間が短いとしても、在籍確認が取られたのなら、大抵OKです。
利用限度額などは、年収に応じてですが、実際の借入に行くまでに、一応自己申告で、現在の借入状況を入力します。

 

何件で◯円というものですが、これはごまかしは一切ききません。
もし虚偽の情報の場合、アルバイトでは問題なかったとしても、その虚偽情報で、利用ができなくなります。
金融機関では、個人情報を把握していますから、入力が正しいかどうかの判断とこれから利用ができる限度額の確認のための数字です。
ここで、複数件の借入があったり、多額の借入の場合は、審査は難しいです。
個人情報と言えば、現在の返済状況も確認されてしまいます。

 

これは正社員の方でも同じ条件で、多くて2社の借入なら良いですが、3社以上になると新規カードローンなどは難しいでしょう。
ただし、返済額がわずかであれば問題ない場合もあります。

 

もし、アルバイトで初めての借入をしたい方は、審査に通れば30日間無利息の消費者金融などの利用をオススメします。
その間の返済は利息が無料になり、元本だけの返済になる画期的な内容です。

 

とりあえず、情報は正確に入力しましょう。
アルバイトは、審査も通ることが多いですが、虚偽だけはNGです。

虚偽情報は絶対にNG関連ページ

アルバイト=収入ありで審査は通る
カードローンなどのキャッシングで問題になる審査は、定期収入の有無です。ですから、アルバイト、パートの場合、定期的な収入があるとわかれば、審査は通ります。学生でも20歳以上ならOKです。
アルバイトは短期間だとやっぱり不利
アルバイトの方でもカードローンは利用できますが、ちょっと審査が難しいとされるのが、短期間しかアルバイトをしていない方です。原則的に2年以上が条件となっているところが多く、アルバイトでも審査対象になり、借入もできますが、数ヶ月程度のアルバイトでは、対応していないところもあります。
アルバイトの借入限度額は?
アルバイトの方がカードローンを申し込みをする問題点としては、・借入限度額はいくら?・在籍確認はあるの?ということです。