アルバイト 借入限度額

アルバイトの借入限度額は?

アルバイトの方がカードローンを申し込みをする問題点としては
・借入限度額はいくら?
・在籍確認はあるの?
ということです。
カードローン会社の中には、在籍確認がないところもありますが、この場合、借入限度額が10万円程度になってしまうことがあります。
在籍していますという証明で、給与明細などの提出で、モビットなどでは、在籍確認の電話なしでカードローンが作れます。
電話をしてほしくない方にとっては、オススメです。

 

借入限度額については、収入に応じてということですが、アルバイトの方は最高でも50万円程度からの申し込みが良いと言われています。
例えば、年収が100万円程度なのに、借入が30万円となれば、消費者金融としては、返済能力に疑いを持ちます。
総量規制の関係から、年収の3分の一しか、借入ができないのですから、その総量規制よりも低い金額で、希望借入額を提示するのが良いです。

 

もし、アルバイトであっても、順調に返済をして、年収が上がれば、限度額を上げることも可能です。
とにかく最初にカードローンができるようにすることが必要です。
ここで控え目の態度に出ること、これがアルバイトのキャッシングの鉄則です。
もちろん収入の多いアルバイトの方はその限りではないですが。

 

アルバイトの借入限度額は?関連ページ

アルバイト=収入ありで審査は通る
カードローンなどのキャッシングで問題になる審査は、定期収入の有無です。ですから、アルバイト、パートの場合、定期的な収入があるとわかれば、審査は通ります。学生でも20歳以上ならOKです。
アルバイトは短期間だとやっぱり不利
アルバイトの方でもカードローンは利用できますが、ちょっと審査が難しいとされるのが、短期間しかアルバイトをしていない方です。原則的に2年以上が条件となっているところが多く、アルバイトでも審査対象になり、借入もできますが、数ヶ月程度のアルバイトでは、対応していないところもあります。
虚偽情報は絶対にNG
アルバイトは、一定収入があることで、カードローンなども審査に通ることが多いです。勤務期間が短いとしても、在籍確認が取られたのなら、大抵OKです。利用限度額などは、年収に応じてですが、実際の借入に行くまでに、一応自己申告で、現在の借入状況を入力します。